たまにはつぶやき。シンギュラリティって知ってた?

>

まぁ、いっつもつぶやきなんだけど(笑)
最近気になって仕方がないことをちょこっと書いてみようと思う。

シンギュラリティ=技術的特異点
こんな言葉を知ったのはごく最近だけど、皆さんは知ってましたか?
これから社会は未来はどうなってくんだ??って疑問に限りなく分かりやすい、ピンとくる言葉だったので拡散です。
ウィキってみてもわかるよ(^^♪

昔から時代の流れと共になくなってきた文化や、仕事。生活がある。
もちろん残してきたものもある。
だけどそれは、より便利な暮らしの為に変化させてきたものが多く、その勢いもさることながら、その数も今や止まることを知らない。
今や、消費者は何が必要で、何が不必要なモノかを選ぶことにも苦労している。

そんな時代を生きる今、社会の仕組みより仕事に追われる事の多い暮らしの中で、
映画の話じゃなく、ホントに去年、2016年から人工知能=AIが世の中で活用され始めている。

これは皆も何となく知ってるはずだよね。
国内だったら将棋のプロ棋士にAIが勝ったとかね。
実はその事が意味することは、すごい事だったのよね。

物質的、科学的なもので言うと、現段階、すごい変化が起きる直前のところまできたと言われているし、
実際そんな感がある。
以下をシンギュラリティって捉えてもらったらいいと思うんだけど、

①映画みたいに、AIが人間を滅ぼすんじゃないか?とかではなく、エネルギー分野や、衣食住、医療に関するまで、AI=人工知能が活躍し、
僕らの仕事の多くもほとんどAIが担うことになる。

②僕ら自身もコンピュータAIと脳を融合させ、コンピュータみたいな人間。
進化した人間➡ポストヒューマンになれる。あらゆるデータがインプット、アウトプットできる。
病気にもならないし、寿命も更に延びる。要は解明されてなかった人体の不思議に触れていきます。
使っていきます!みたいな感じなのかもね。

こんな未来が2029年には出来るとか言ってるんよね。
世界の起業家や、お金持ちの人たちが国と密接に協力しながら進めてる最先端科学技術展望のひとつね。
つまり僕らの暮らす社会システムが劇的に変わる時が近い将来、およそだけど12年先にきてる。
でもって、うちの子は20歳なる前にその世界を渡っていく。

これだけ聞いたら、えー!!そんあ社会なるわけないし、脳とコンピュータの融合なんかするわけないやん!っていうのが今までの自分の知識。
もしなったとして、じゃー、人はなにするの??みたいな(笑)

少し前までは、未来がどーなるかなんて、自分がどーなってるかばっかりで、対して考えれてはいなかった気がする。
奄美大島っていう自然豊かで国立公園になって、同時に世界自然遺産にもなるといわれてる場所に移住して12年。
移住しても、しばらく描いてたイメージは田舎暮らし。
でも実際はスローライフでは決してなかったし、学ぶことが都会と同じ。山ほどあったし忙しかった。
あっという間の12年。観光業してたからかな。。お客さんは多くが都会の人やしね(*ノωノ)

テレビはいっさい見ないけど、ネットから世界の情報が入るし、繋がれるからむしろ正確に欲しい情報が入ってた。
偏っちゃうこともあったけど。

でもそのバランスを整えてくれるのが、家族だったり、友人だったり、地域だったりする。
お金を稼ぐのと、同じくらいかむしろそれ以上に大切にしてるエネルギーが島の暮らしには残ってる。
シマ(自分の住んでる集落)の為に、ひいては奄美の為に自分が何を出来るか、するか。残すか。。
都会ではもうほとんど考えられないような考え方が、島では習慣、仕組みや文化になっている。

そのことから、自然に対しての考え方も学ぶことになった。
毎年台風っていう、自然の脅威と恩恵にさらされる事や、下水道の完備されていない島だからこそ、
自分たちの使う、暮らしに必要なエネルギーがどこから来てて、どこへ流れて、また自分たちに還ってくるのかを
意識することになった。学ぼうとすることになった。伝えようと思うようになった。

どうやって都会の人に自然と体も繋がり、補い合いが必要と感じて共感してもらうか考えた。
そしたら時代はどこに向かおうとしてるのか?を知る必要が出てきた。
その過程で、お金というエネルギーを上手に使う人たちを辿っていくと、その先にAI化。
ポストヒューマン化があったんだよね。

でも多くの人は時間をかけて稼いだお金で、ストレスからの解放。
癒しを求めてリアルな自然ある場所に訪れに来る。
非日常みたいな言葉を使って。。。
でも現実は、かたや、バーチャルな世界が、マトリックスみたいな世界がリアルと
交差する社会にする方向となってきている。

直感です。
どっちも良き時代への志はある。だけどマイナスに感じる面もある。
どっちがいいんかな?
どっちも出てくると思うんやけど、
選ぶ余地ってあるんかな??
みなさん、どーすか??

因みに、このテーマを予想したような映画がありました。
ギヴァー 記憶を注ぐ者 ➡ http://giver-movie.com/

アー長いつぶやきでした。
直観力鍛えよっと(笑)

 

By

コメント

コメントを書く

ご予約/お問い合わせ

ユニマーレにTEL