奄美大島の海のおすすめ情報、ダイビング、シュノーケル、ポイント

奄美でシュノーケルやダイビングする時のおススメ情報~ユニマーレガイドシーン海編~

>

奄美のおすすめスポット

打田原ビーチ奥側~ハイシーズンも人はあまりいない~

サンゴと魚

奄美の節田前、リーフの内側の浅いビーチポイントにて

~エダサンゴの群生とデバスズメダイの群れが間近でみれる~シュノーケルや体験ダイビングでのシーン~

奄美大島の海は、島の周りにグルットと色んな海域が広がっている。
1.島の東側に太平洋の外洋
2.西側に東シナ海の外洋
3.北部の入り組んだ入り江の中にあるクレータービーチと呼ばれる大きな湾
4.大島の南部と加計呂麻を挟んだ大島海峡
5.加計呂麻の南側の外洋と色んな海域がある。

他の離島と違って、入り組んだ地形が特徴的で、そこココで景観や生態に違いが見れる上に、その固有種の豊富さから、生物多様性の島、東洋のガラパゴスと呼ばれる。
未だに新種が発見されてる島だし、そのポテンシャルは海外の一流リゾートに引けをとらず、国内にもいいとこ残ってるんだ!とよく言われてます。
これから世界自然遺産登録もされるかも知れない島。

「打田原ビーチ」魚はあまり多くないけれど、透明度と青のグラデーション、砂の白さがステキなビーチ。海のグラデーションは4時頃までが見ごろ。夕方は逆光で見えないが、夕日が海面に映るさまは時間を忘れる空間となる。

ユニマーレのガイドする海域は、北部から中部に面した、1~3のエリアがメインとなるけれど、海岸は、どこもほとんど設備は整っていない。
つまりトイレやシャワーの設備がないってこと。良く言えば手つかず。

ペットボトルなどに最低限の水を入れるなどして、海から上がった後の体についた塩気を落とすのに使うといいですね(^^♪
ホテルや宿でシャワーを浴びるまでの間のベタベタした不快感が軽減されます。
ユニマーレではクーラーボックスに手おけを入れて、水やお湯を用意してゆきますね。遊び終わったらザバっとかぶります♪
※ゴミも持ち帰る。
海岸近くに「善意の集積所」っていう漂流物の置き場もあって、海岸にゴミになる漂流物があると、定期的に集落の人が集めたりしています。
ビーチにゴミが少ないのは、定期的に掃除してるからなんですよね。

海と波長を合わせる時間~水面リラクゼーション~

海と波長を合わせる時間~水面リラクゼーション~

海の水はマイナスイオンに包まれる空間。体のチカラの抜き方を覚えると、最高のリラクゼーション空間となって、自身の免疫力も上がって、本来持ってるナチュラルな状態に戻ります♪ユニマーレでは海の水への慣れ度合いに分けて、初心者から水面リラクゼーション➡シュノーケリング➡体験ダイビング➡ファンダイビング➡上級者とリラクゼーション体験への段階を分けてご案内しています。

また、奄美の海はどこも綺麗で、そんな景色を目の前にすると、すぐに海に入りたくなるけれど、1や2の外洋に面した海域はカレントと呼ばれる潮の流れが発生するので、潮の流れが発生する時間帯や場所。
また台風が発生して、うねりが入るときなどは、要注意となります。
いくつかの注意が必要なポイントでは、夏のシーズン限定でライフセーバーがいてくれますが、まだまだ足りていないのが現状で、海に入る人自身での自己管理も必要。

崎原ビーチからダイビングへ

完璧ではないですが、下記のポイントも参考にして頂けたらと思います♪
・家族連れなどでの海水浴は、湾内の入り江などのビーチを利用する。比較的流れもなく、穏やかなのでおススメ。
北部エリアの穏やかビーチ(あやまる公園のタイドプール干潮時・倉崎ビーチ・打田原ビーチ・崎原ビーチなど)
・外洋に面したビーチで遊ぶ場合は、なるべく入るのは岸近くまでにしておく。
・現地の人が近くにいたら、泳いでも大丈夫か聞いてみる。または先に入ってる人がいる所、泳げそうな場所を確認してから入る。
・なるべく浮き輪だけではなく、ライフジャケットを用意する。(浮き輪だと万一流されたりして、穴が空くとすぐダメになってしまう。)
・マスク・シュノーケル・足フィレ(短いのでOK)も大人はつけておく。もちろん使い方は練習しておきましょう!
(水がかかってもマスクで見えるようにして、顔が水面近くでも安定して息が出来るようにシュノーケルを使い、多少の流れでも足フィレがあれば対応できる)
・外洋に面した海で遊ぶ時は、出来ればガイドをつける。外洋ほど海はきれい。だけどきれいなのは海に常に流れがあるから。
流れの強さは同じ場所でもその時間帯によって強弱が変わるので、特に注意が必要です^^

Exif_JPEG_PICTURE

シュノーケルとは違い、魚が寄ってくる♪

Exif_JPEG_PICTURE

海況や時間が合えば、ほぼ100%見れる野性のアオウミガメ。野生のアオウミガメが5~8個体います。水深も浅く、目の前、触れれそうな距離で会える。タッチは厳禁♪

スノーケルではウミガメの息継ぎの「プハァ!」の声が聞こえますよ♪

Exif_JPEG_PICTURE

海の碧さに笑顔がこぼれる瞬間♪

Exif_JPEG_PICTURE

サンセットタイムでは海の新たな一面が。まどろむ水面のそばで…

Exif_JPEG_PICTURE

そのひとそれぞれの癒しのシーンがある

Exif_JPEG_PICTURE

今の時期はベビーラッシュ!!

Exif_JPEG_PICTURE

テーブルサンゴも♪

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

初心者や子供でも楽しめるポイントを中心にご案内

体験ダイビングで最高の思い出を!

体験ダイビングで最高の思い出を!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ウミガメとの遭遇が定着した奄美

Exif_JPEG_PICTURE

それぞれの思い出の時間を…

Exif_JPEG_PICTURE

シュノーケルシーン

Exif_JPEG_PICTURE

初めてのダイビングシーン

Exif_JPEG_PICTURE

ニモとの出会い

Exif_JPEG_PICTURE

この笑顔を楽しみにガイドしてまーす♪

極上の時間

極上の時間は続いて

Exif_JPEG_PICTURE

ハートロック

NatureGuide UNIMARE

奄美大島はとても大きい島です。今回の情報はもちろん、ほんの一部ですが、少しでも奄美の海を安全に楽しんで頂けたらと思って書いてみました(^^
東洋のガラパゴスとされる神秘の島。
いまだ未開発で、そのありのままの姿が魅力となる島です。
是非奄美の旅を計画してみてくださいね♪

次回は奄美の森、原生林やマングローブでのおすすめ情報をつづりたいと思ってます♪

少人数制のユニマーレのアクティビティメニューはこのページの一番下のメニューか、トップのメニューからご覧ください。
MOVIEページにはイメージムービーもありますよ♪

ご予約、お問合せ、お待ちしております♪

By

コメント

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ご予約/お問い合わせフォーム

この度はお問い合わせ、ありがとうございます。
※お返事は必ず2日以内に行っております。
万一、返事がない場合は何らかの原因で送受信が出来ていない可能性もございますので
大変お手数ですが、お電話 0997-63-0702 、もしくは「 info@unimare.jp 」まで直接ご連絡頂けましたら幸いです。
ユニマーレ 代表 吉岡大樹

 

ユニマーレにTEL