【奄美大島】色んな条件が揃った時の海の中。ウミガメと一緒に泳いだ時のシーンを集めてみたらこんな感じに思った話

>

奄美のウミガメシーン

ウミガメは絶滅危惧種らしいけど、奄美大島ではかなり遭遇率が高いと思う。
港の中にいたり、人が立てる水深のところでご飯食べてたり、何匹も集まって寝ていたり(^^♪
ほんと癒しの海の森の使者。
まだ多くの場所で生活排水がそのまま川、海へと流れる奄美が、なんで世界と比べても貴重な自然の美しさを残せてるのか。

わざわざお金かけて、時間使って訪れる空間、場所はなんで今の時代もきれいなのか?
人が少ないから。台風のおかげ。毒蛇のハブのおかげ。大雨のおかげ。。
理由はいっぱいあるだろけど、自分は島に移住してから学ぶことが多かった。
自然の恩恵がたくさん感じられる島。
人間の管理能力なんかたかが知れてる。
自然もテクノロジーも両方必要だけど、人と比べてじゃなく、
自分にとってのバランスは何処なんやろう?
あなたにとっては?

色んな考え方、人がいていいと思う。
でも奄美に来る人や、離島が好きな人。
自然の島の雰囲気が好きな人、ブログを読んでくれてる人には考えてほしい。気にしてほしい。

ここ数十年の暮らしやすさ、発展が長い間かけて出来た自然を壊していて、周り巡って結局人間含めた生物の暮らしが揺さぶられている現状。
確かに便利になったし、恩恵も受けてる。
でも同時に今やどこで自然災害が起こるか分からない。
それ、ほんとに自然災害ですか?人災もあるんじゃない??

自然がベースの惑星で暮らしてて、自然との付き合い方を勉強しなくなるって普通と違うでしょー?
とはいえ、今は都会で便利な所はそれが普通。
自然美しい場所は探して旅する時代。
社会生活してるし、人間に生まれたしね。

せめて旅する所、自分が暮らす場所は綺麗に使って、少しでも長く残るように。
奄美でも目先の発展、利益、安全、利便性の為に開発は日々行われている。
世界中でもっとひどいとこもある。
島は生まれて何年なんだろう?
先人たちは何を守ってきたんだろう?

常に時代も環境も変わって、今の時代の答えは真似じゃなく、自分で見つけていくから価値になると思うけど、
出来るところから、出来る範囲で。
身近な所から無理なく続けてゆく。

僕はがむしゃらに来て、気づけばご縁あって、教えられ学び、また出会う人にも伝えながら学びながらガイドしてきたけど、
発信が同じ意識の人に伝わって、またキャッチしてくれて気にしてくれる人が増えたらブログの意味もあるかなと。

奄美群島認定エコツアーガイド店!
ガイドはダイビングインストラクターや、マッサージセラピストがメインに奄美の海や原生林、マングローブカヌー、
ハンドパンやハングドラムを使ったサンセット&ナイトツアーを中心とした少人数制のリラクゼーションツアーを行っています!
旅に来てまで人込みは避けたい!
MAPに載らない穴場スポットを中心に「自然と繋がる」をテーマにした奄美で一番丁寧なガイドを心がけています!
ツアーフォトのデータプレゼントも大好評中!
ご予約、お問い合わせ、お待ちしておりまーす!!

ユニマーレ目線の奄美を発信してゆくので下記リンクページのFollow、チャンネル登録も宜しくお願いしまーす(^^♪

【ユニマーレの公式HP】
➡ https://www.unimare.jp

【フォロー】
unimareのInstagram ➡ https://www.instagram.com/unimare_dai...

unimareのfacebook ➡ https://www.facebook.com/unimare.amami/

unimareのTwitter ➡ https://twitter.com/unimare_daiki

unimareのYouTube
https://www.youtube.com/channel/UCO5ovb6nXZ4m_SuzqQ4s6Bw?view_as=subscriber

 

By

コメント

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ご予約/お問い合わせフォーム

 * の欄は必須

この度はお問い合わせ、ありがとうございます。
※お返事は必ず2日以内に行っております。
万一、返事がない場合は何らかの原因で送受信が出来ていない可能性もございますので
大変お手数ですが、お電話 0997-63-0702 、もしくは「 info@unimare.jp 」まで直接ご連絡頂けましたら幸いです。
ユニマーレ 代表 吉岡大樹

 

ユニマーレにTEL