「奄美群島認定エコツアーガイド」
ユニマーレの陸上ツアーは1ツアー1組限定貸切ツアーとなります。
マリンツアーは複合でのご案内となることもございます。

UNIMARE=海とひとつに自然とひとつに

当店では全てのツアーメニューをレジャーアクティビティでありながらもリラクゼーション要素の高い空間での時間として考え、ゲストと自然の繋がりをテーマにご案内させて頂いております。
奄美大島の海と森からの癒し
大自然の心奪われる鮮やかな色や心地いい音、形
自然の循環する流れに触れ、体感する事から自身の感覚を開放する旅

ユニマーレの奄美ツアーのフォトギャラリー

1
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

スノーケリング/スキンダイビングツアー 海の揺らぎにカラダを委ねて

夏はライフジャケットやウェットスーツで。 冬は体の濡れない、寒くないドライスーツでエントリー。 1年中、ポイントごとに様々なシーンのスノーケリングツアーを開催しています 。約2時間半のコースで初心者の方もお1人さまからご案内可能です。 ウミガメシュノーケル・隠れ浜シュノーケル・スキンダイビングなどサンゴや魚いっぱいのオリジナルポイントも多数。 他のメニューと組み合わせたデイツアーも開催しております。詳しくはページトップ メニューからご覧くださいませ。

announceimg

体験ダイビングツアー/ 音の響き、光の広がりに癒される

丁寧なガイデイィングを大切に。初心者向けの体験ダイビングツアーやダイビングライセンス取得コース。 ライセンス保持者のファンダイビングツアーなどを年間通して開催。 6歳~9歳のお子さま向けの体験ダイビングもご好評頂いてます♪ 水中という非日常空間で癒され体験をしてみませんか? ツアーメニューの詳細はページトップ メニューからご覧下さいませ。

announceimg

1組限定ならではの、ゆったりした感情開放森林浴ツアー

奄美大島北部エリアを舞台にしたユニマーレオリジナルの絶景ツアーから、 中部のマングローブ原生林でのカヌーツアー、 滝に辿りつく原生林ツア ーなどの自然空間でのリラックス、リフレッシュ感を大切にした自然浴としてのガイドを行います。またツアー中、自然の中で演奏するハングドラムや ハピドラムの 癒しの音色もサウンドヒーリングとしてご好評頂いています♪ 普段スルーしていたことに氣づく。 自然と自身の波長を合わせ、 感覚を開放することから癒される旅に。 各ツアー詳細はページトップの メニューからご覧下さいませ。

announceimg

海と森、両方遊び感じる!1日貸切ガイドツアー

ユニマーレで1番人気ツアー。半日は海エリア、もう半日はマングローブや原生林エリアなどへ!組み合わせは色々♪ 非日常的な空間で大自然と向き合う時間。 自然の色や、音、形、香り。ゲストの五感を刺激する空間は、 実は循環を繰り返していることが遊びながら、 癒されながら体感することとなります。 人も自然の一部。 UNIMARE=海とひとつに、自然とひとつに...あなたの体が楽になる。あなたの体も地球とひとつになれる旅になれば。

announceimg

サンセット/星浴ナイト サウンドヒーリングツアー

夕日浴・星空浴、夕日や満天の星空の下で癒し音楽を奏でながら貸切空間での自然浴を楽しみます。ハングドラムやハピドラムの音色は波音や風音などの自然音と混じることでリラックス効果が増大します。自分が自然に溶け込む。風と音が響き広がる時間を知ってください。ツアー詳細はページトップメニューからご覧下さいませ。

announceimg

リラクゼーションメニュー

心と体をゆるめるツアーではセラピストやガイドによる誘導でより深い癒しに 導きます。 タイマッサージやオイルマッサージ、また浅い波打ち際で行うサウンドヒーリングを介したメディテーションツアーで ご自身の体の波長を整える時間に。 自然空間でのリラックスは 全身の感覚を開放し、免疫機能も高まってゆきます。 音と光の広がりを感じる時間... 各メニューの詳細はトップメニューからご覧下さいませ。

announceimg

ガイド紹介

インタープリター    ~自然と人を繋ぐガイド~

(マッサージ以外の全てのガイドを担当。体験ダイビングやスキンダイビングの海エリアを得意とし、 ネイチャーガイドとして活動中。 サウンドヒーリングを介しての自然浴でのガイドも担当します 。音の響きに敏感で、水を介したガイドを好みます!        「奄美群島認定ガイド」)

ボディワーカー /       フリーダンサー

(マッサージとネイチャーガイドを担当。心と体のリラックスをお手伝いします。    「奄美群島登録ガイド」)

ユニマーレスタイル

奄美大島をいっぱい感じてほしい! でも奄美大島だけじゃない自然ある場所の価値を知ってほしい! 自然のサイクルを知るって実はすごい大切なことだと思うんです♪ 「自分の大切な時間、大切なお金で選んだ旅の目的地が奄美大島なのは 何でだったんだろう?」 「 いつも自然ある場所を目的地とし、 そこへ何かを求めに行くのは何でなんだろう? 」 ゲストの旅にそんな疑問を投げかけてみたりしつつ、 少し重なる時間を頂くユニマーレ。 僕らも大阪から自然ある場所に流れ着き、離島暮らしを始めた開拓者です。 自然多い場所で暮らす時のルール、意味を少なからず学んできました。 知れば知るほど、都会との価値観、暮らし方の違いに驚き、 気づかされたことが多かったというのが正直なところ。 都会に比べ、いい面も不便な面も両方ありますが、 だけどそこが自分のルーツだったことも嬉しくありました。 奄美を巡るガイドの旅舞台は島の海と森と人のいる所。 自然の海と森 が循環しているように、人と自然も重なっている。 自然のサイクルを知ると 、自然の見方が変わり、 自身の新しい価値観に気づく事にもなっていくような気がしています。 「インタープリター=自然と人を繋ぐガイド」と「癒し」「次に繋ぐ」 をテーマにしたガイドスタイルで、知識より体感。 頭より体で受け止めてほしい! そんな想いを込めた各ツアー 、こだわりのテーマで、 おすすめオリジナルスポットをご案内させて頂きます。 奄美大島が初めての方や、自然ある場所が好き! そんなゲストの方に お会いできるご縁を楽しみにお待ちしています。 アクティビティを介した完璧ともいえる自然サイクルの体感。 きっと思い出に残る旅のお手伝いが出来ると思っております。 あなた自身の新しい発見のお手伝いが出来れば♫ 貸切ツアーならではのくつろげるツアーをお楽しみ下さい。 皆さまとの出会いを楽しみにお待ちしております。

announceimg

「どこか昔懐かしい」を大切に.....

築50年の古民家をリノベーションし、リトリートも意識した自宅兼の店舗と なっています。 昔懐かしい心地よさの感じられる空間であれば幸いです。 都会に比べ、ひと手間不便さを感じるかも知れない場所。 都会に比べ、便利さはないけれど、 その分手つかずの自然がある事に魅力を感じやすい場所。 海・森・体を舞台にガイドしながらお伝えする 奄美の歴史や文化、島人の生活と自然の関係性。 生態系サービスという言葉もあるのですが、自然ある離島は全てが循環し補い合っています。 反面、今の都会の暮らしは 、完成したもの、新しい便利なものは満ち溢れていますが、 その繋がりを学び、意識する機会には恵まれていないような気がします。 人間が暮らすのに、本当に必要なもの。 不必要な便利なモノ。 意識しなければならない事。旅しながら新しい価値観を学べる場所にもなればとも思っています。 なぜ島の人は温かいのか。心地いいのか。 モノやお金だけに頼らない暮らしが残る島。 心の交換を思い出せる島。 未来に繋げるべき意識や価値観を体感できる島。 ユニマーレでは1組1組のお客様との時間を大切に考えています。 皆さまとのご縁を楽しみにお待ちしております。

announceimg

ユニマーレ所在地

〒894-0504 鹿児島県奄美市笠利町大字節田1735-1           Tel 0997-63-0702                 E-mail info@unimare.jp            HP www.unimare.jp          営業時間8:30~20:00 不定休

announceimg

FunFunFun出店 11/18 @waoai

明後日の18日(土)に笠利のwaoaiであるライブ&マルシェにリラクゼーションブース出しますよ〜♪キッズも楽しめるようなイベントなので嬉しいですね! なんだかメニューどうするか迷い過ぎて、こんなんなっちゃいました(字が…)とりあえず、お話しに来てねって事です。 身体のこと ...

11月 16日, 2017

ご自身で旅する奄美大島観光の参考に

奄美大島は離島の中でも大きいほうで、奄美北部から南部まで移動しようとすると、車で国道58号線を移動して、片道で約2時間を要します。
信号機も中心地に位置する名瀬市内以外は少ないので、北部から南部を一日で移動しようとすると、中々な距離となります。
そんな事から、奄美観光をするにあたってはユニマーレでは大きく3つのエリア、北部、中部、南部に分けてご案内させて頂いております。

奄美大島北部

当店があるのはこのエリアとなります。空港から車で5分。
奄美北部はサトウキビ畑が広がり、奄美十景「あやまる岬」と「長雲峠からの竜郷湾」の存在するエリアとなっています。
他にも、「土盛海岸」や「打田原、崎原ビーチ」、「ハートロック」など素敵なスポットが満載です。
入り組んだ地形が特徴的で、西海岸から東海岸までが車で15分もあれば移動できるので、時間や天候によって変化する自然の景色、音、光など、そこここで変わる景観が楽しめます。
東西のエリアが近い事から、風向きや天候を見ながら穏やかな海水浴スポットを選べることも、海でゆっくり安全に遊びたい皆さまにとって嬉しいことかなと思われます。
自然の不思議を体感しながら、自然からの癒しを感じてみて下さい。
私たちもそのサイクルの一部だと感じられるスポットが数多く点在しています。

奄美大島中部

奄美大島観光で有名な「マングローブカヌーの原生林」や、「金作原原生林」の広がるエリアとなっています。
北部からは車で約70~90分程で訪れる事が可能かと思われます。
東シナ海側からは、「マテリアの滝」や「フォレストポリス」、「大浜海浜公園」、「金作原原生林」などを巡れ、
太平洋側からは、「マングローブ原生林」や、「フナンギョの滝」、「タンギョの滝」などの太古の記憶を宿す原生林環境が広がっています。
これらポイントは、ほんの一部で、まだまだ手つかずのスポットが数多くあり、ユニマーレでは自然と一体になり易い、原生林から湧き出る滝のあるスポットへのツアーも行っております。
公共施設は名瀬市内から離れるほどに少なくなってくるので、必要なものは市内などで準備しておく方がいいかも知れませんね。
因みにユニマーレでは今現在、リクエストのあった時だけのご案内ですが、奄美大島で一番高い聖なる山、「湯湾岳」は更に進んだ宇検村と大和村の境に位置しています。
この為に奄美に来たんだ!そんな事を想える場所を探してみてはいかがでしょうか?

奄美大島南部

大島南部の瀬戸内町と、大島海峡を挟んだ加計呂麻島。
瀬戸内町で一番賑やかな場所は「古仁屋」の町と言えるのではないでしょうか。
いわゆる漁師町と言えるような雰囲気や景観をもっていると個人的に思っております。
水中観光船「せと」の利用や、「油井展望台」の場所がこのエリアとなります。
長さ4キロのトンネルには驚いてしまうかも知れませんね。
加計呂麻島はフェリーか海上タクシーの利用でしか渡れない島。
目の前に見え、陸路で繋がっていそうに見えますが、上陸の際は約15分弱の船旅をお楽しみ下さい。
先に必ず、帰りの便の時間を、忘れず確認しておいた方がいいと思われます♪
また、カケロマはお店が少なく、ちょっとした事➡公共トイレや食事処の少なさに、都会感覚で訪れると少し不便を感じてしまう事があるかも知れません。
限られた旅のお時間だとは思いますが、だからこそゆっくり加計呂麻島での宿泊を兼ねてご滞在されることをお勧めさせて頂きます。
きっと、その現実離れした居心地の良さに、昔懐かしい暖かさが重なって、第二の故郷にしちゃうかも知れませんよ♪

※離島の旅で知っておいて頂きたいこと、気づいて頂けたら嬉しい事

昔から大切に、また当然のように残されてきた自然の美しさは、島人の暮らしと自然の循環のバランスの結果と言えると思っています。
観光地として存在する、奄美大島も含めた多くの離島域は、旅の地として選ばれた皆さまを感動させてくれる場所となることと思います。
ただ、その場所が観光地としても生活の場としても利用しつつ、限りなく今の綺麗な姿のままという風に残すのには、皆さまのご協力を頂くことも必要となります。
田舎という表現が出てしまうほど、都会の暮らしに比べ、不便な点が多く存在するのも事実です。
トイレ以外の使った水は、いまだ多くの場所で、そのまま側溝に流れ出て、川に流れ出、やがて海へと流れついている現状があります。
ゴミを捨てられる場所、快適に使用できるトイレの数も決して多いとは言えません。
観光で訪れる方が増えるに伴い、ハード、ソフト面共に、対応を急ぐべきですが、まだ現状では行き届いていない現実があります。
是非、これをお読み頂けたあなたには、自然が自然であり続けるための、自然のサイクルに旅人としての皆さんの行動に少しだけご協力を頂けたらと思っております。
どうか、ご協力を。よろしくお願い致します。

ひねれば出る水。押せば、引けば灯る電気、火。
田舎という地域、また皆さんの住んでいる都会では、これらエネルギーはどこから来て、どこへ流れていっているのでしょうか?
使ったエネルギーはどうやって、また私たちのところへ戻ってくるのでしょうか?
私たちが生きていく上で、本当に必要な物やエネルギーの事。
ユニマーレでは自然溢れる島での暮らしからの学びとして、今現在これからの時代に本当に知っておくべき事を衣・食・住。火・水・電気と捉えるようになってきました。
当然、生活の上ではお金も必要でビジネスも大切ですが、島ではお金と同等に大切にしている「結いの精神」=支えあいの精神➡シェアするコホロ「心」も学ぶこととなりました。
人が大切にしている物。技術。コホロ同志の交換に金銭的比較を用いない。
自分を2番目に考え、全体を見る暮らし。
そんな暮らしが、自然に感謝する文化が残る島。奄美大島。
このサイクル、昔はどこにもあった懐かしく、ぬくもりある価値観を知ることで、自然と人の立ち位置が見え、皆さまにとっての離島の自然の価値。奄美の価値が更に高まることとなれば嬉しく思っています。

あなたが島に呼ばれた理由はなぜなんでしょう♪♪♪宜しくお願い申し上げます。

ご予約/お問い合わせ

ユニマーレにTEL