ウミガメシュノーケルが定着した奄美

>

Exif_JPEG_PICTURE

アオウミガメ

Exif_JPEG_PICTURE

撮影しやすい距離

Exif_JPEG_PICTURE

逃げないカメ

Exif_JPEG_PICTURE

シュノーケルで会えちゃう♪

雨上がりの奄美大島。
海の濁りがやや氣になり、朝から海況チェック。
よかった!ほとんど影響なし♪ということでいつものシュノーケルポイントへ。
かれこれ7~8年前から使っているポイント。
枝珊瑚群が点在し、リーフの内側なので水深も1m~4m。浅場に広がる藻場がアオウミガメのエサ場になっていてほとんど逃げない。
いつもきれいということは潮の流れも時間帯や海況によってはあるけれど、比較的案内しやすいポイントになっている。
奄美で遭遇するクジラやイルカもいいけれど、大きさもそこそこで穏やかな印象の「海の森の使者」
よ~く見てるとかなりの愛嬌があります。
シュノーケルもダイビングでもOKで初心者向けというのが、ユニマーレにとっては大切なポイントになっているかな♪
8匹位いるのでいつも複数会えるけど、そろそろ違う路線にも目移りしてきた。

Exif_JPEG_PICTURE

崎原ビーチ

実は奄美の海は透明度がめっちゃいいところがかなり多い。そんなところに入ると海の中が見たことない、何回入っても飽きない別世界になる。

Exif_JPEG_PICTURE

光りが広がり揺らぎ続ける世界

元から魚とか見るより、海の中の光の揺れに合わせてボ~とするのが好きだから、きれいな所ばっかりポイントにしてる♪
魚が全然いないポイントも結構ある笑
今年のテーマはこの「抜群の透明度と真っ白な砂地」にしようかな♪

By

コメント

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ご予約/お問い合わせフォーム

 * の欄は必須

この度はお問い合わせ、ありがとうございます。
※お返事は必ず2日以内に行っております。
万一、返事がない場合は何らかの原因で送受信が出来ていない可能性もございますので
大変お手数ですが、お電話 0997-63-0702 、もしくは「 info@unimare.jp 」まで直接ご連絡頂けましたら幸いです。
ユニマーレ 代表 吉岡大樹

 

ユニマーレにTEL